英語とJRPG

JRPGを中心に、日本のゲームの北米版を(英語の勉強がてら)ちまちまプレイしたメモとか関連のニュースとか。

Xenoblade Chronicles(ゼノブレイド)

f:id:citro:20200130143635j:plain
f:id:citro:20200130143640j:plain

Platform 3DS
Text 英語
Voice 英語
Launch date 2015.4.10(NA) 2015.4.2(JP)
ゲームおすすめ度 ★★★★★
英語勉強おすすめ度 ★★★★★

任天堂の過去ハードはGCWiiWii U3DSいずれもリージョンロックがかかっているので「日本で買った本体で北米のソフトをプレイする」ことができず、北米版の本体ごと買う必要がある(なおSwitchからは晴れてリージョンフリーになった)。
ゼノブレイド は日本語でもプレイしたことがなく名作の呼び声も高かったのでずっと欲しかったのだけど、今更Wii買うのもだしWiiUは北米版高いし3DSは通常版持ってるもののゼノブレイドnew 3DSのみ対応だし・・・ということでずっと悩んでた。
そんななか某フリマアプリをたまたま覗いたら北米版new 3DSが安く出品されてる!ということで、通常盤3DSを売ってnew 3DSを差額2000円くらいで運良く入手、満を辞してゼノブレイド を購入。

もともと続編のゼノブレイド2はクリア済みだし、Switch全盛のなか3DSのグラフィックだし期待しすぎないほうがいいかなと思っていたものの、ストーリー、システム、音楽、どれもが高レベルでまんまとはまった。これは確かに傑作。
個人的に世界観はゼノブレイド2よりも1のほうがシリアスめで好み、戦闘システムも2が正統進化版というよりは別物な雰囲気なのでとくに劣化感は感じなかった。
音楽は「名を冠する者たち(You Will Know Our Names)」「ガウル平原(Gaur Plain)」「機の律動(Mechanical Rhythm)」など名曲が多い。ちなみに曲は英語名もなかなかかっこよい。
これはどう考えても発売当初に日本語でもやるべきだったな・・・。

英語面でも、やや専門用語はあるもののテキスト量多いしイベントシーンではちゃんと喋ってくれるしで良し。
やってて唯一つらいのは3DSのグラフィックやテキストの読みづらさだったけれど、ちょうどこれをクリアして半年くらい経ったあとにSwitchでのリメイクが発表。
新要素もあるみたいだし、Switchならリージョンフリーだし「面白くて英語勉強にちょうどいいJRPG」の代表例になってくれるのではと期待。
(ただゼノブレイド2は日本版には英語が含まれてないので北米ストアから買う必要があり、ゼノブレイド リメイクも同じかどうかは要確認

Evoland 2

f:id:citro:20200128060559j:plain
f:id:citro:20200128060547j:plain
f:id:citro:20200128062119j:plain

Platform iOS
Text 英語
Voice なし
Launch date 2018.2.28(WW)
ゲームおすすめ度 ★★★☆☆
英語勉強おすすめ度 ★★★☆☆

書けるゲーム自体は10本くらい溜まってるものの、すっかり放置してしまったので軽いところから少しずつ再会(予定)。

Evoland 2はいわゆるインディーゲームに属される、手作り感あふれる作品。
初代Evolandは最初はゲームボーイレベルのドット絵から始まり、物語が進むにつれファミコンスーパーファミコン、プレステなどのポリゴンと描画が新しくなっていくというのが特徴だった。
前作は数時間でさくっと終わるものだったのが、今回の続編では20時間くらい遊べて、アクションRPGを中心にいろんなジャンルのミニゲームも入るというかなりの力の入れように。
過去・現在・未来の世界を行き来するうえで、時間をさがのぼるほど描画も古くなるという仕様。

iOSだと操作性がなかなかつらかったりも含め不親切な点はちらほらありどうしても荒削り感は否めないものの、このあたりは割り切って楽しむのがよさそう。
どうみてもあのゲームそのままだろというにやりとさせるネタもあちこちに出てきて、こういうことができるのはある意味インディーならでは。

英語はテキストのみなもののさほど難しくない印象。
どちらかというとゲームに詰まっても日本語の解説サイトがほぼなく、英語のWalkthroughをいっしょうけんめい読むことで英語の勉強にもなる感。
しかし英語の攻略サイトはテキストがずらーっと並んであるのが主流で日本のようにマップや見やすい表などはあんまりないのはなぜだろう。
自力でクリアするのが当たり前の世界なのか、掲示板で直接聞くのが多いのか、日本の至れり尽くせり攻略サイトが特殊すぎるのか。

Dragon Quest Builders(ドラゴンクエストビルダーズ)





Platform PS4,Switch
Text 英語
Voice なし
Launch date PS4:2016.1.26(JP) 2016.10.11(US) Switch:2018.2.9(US) 2018.3.1(JP)
ゲームおすすめ度 ★★★★★
英語勉強おすすめ度 ★★★☆☆

一言で言えばマインクラフトのドラクエ版。
なのだけどすごく丁寧につくられていて、独自の味もあり、歴代の音楽でたたみかけられるずるさもあり、見事にハマった。
Switch版を購入したのだけど、数時間かかる新幹線の移動中にはじめたらあっというまに到着した思い出。

全部で4章あり、セーブデータが独立していて、章が終わるごとにレベルもリセットになる。
でも章ごとに雰囲気もだいぶ違うし、前の章の終盤で苦労して手に入れた材料が次の章では比較的序盤に手に入ったりと、またやり直しかよ感はあんまりなかった。
ぜんぶつなげると倉庫の中身も膨大になりそうだし、いいアイデアだと思う。

英語面ではドラクエらしく古めかしい表現や訛りが多々あって上級者向き。
Switchの携帯モードだとちょっと文字ちいさめになるのもつらいところ。
アイテムとか横にちゃんと絵がついててくれるのはだいぶ助かった。

先日日本で出たビルダーズ2も2019年に北米版が出る予定。これはDay1(即購入)だな。

Octopath Traveler(オクトパストラベラー)

f:id:citro:20180826191834j:plain
f:id:citro:20180826191851j:plain
f:id:citro:20180826191904j:plain
f:id:citro:20180826191916j:plain

Platform Switch
Text 英語、日本語
Voice 英語、日本語
Launch date 2018.7.13(WW)
ゲームおすすめ度 ★★★★★
英語勉強おすすめ度 ★★★★★

当ブログ的に真っ先におすすめしたいRPGのひとつが出てきた。

8人の主人公から展開されるストーリー、ドット絵をもとにつくられた美麗なグラフィック、ボタン連打では切り抜けられない戦略性のある戦闘、キャッチーで熱い音楽、そして戦闘時だけ巨大化するボスキャラなど数々のJRPG的なお約束。
終盤に行く町にがんばって序盤から行ってみて強い防具を手に入れたり、普通じゃ買えない高額な装備を村人から盗んだり、裏技的な自由度の高い要素もあってくすぐられる。
ニンテンドースイッチはどこまでいってもついてくるので、ひさびさにやめどきがなく「RPGにどっぷりハマる」体験を味わえた。

英語的にはボイスはそこまで多くないものの、テキスト量は膨大だし、ストーリー振り返り機能もついている。
ただ言い回し的にはシェイクスピアからの引用などが一部あり、台詞回しの妙までを理解するにはちょっと難易度高いかも。
ローカライズされていない中国で、がんばって英語でプレイする人たちが話題になってたりした。

www.polygon.com

すぐ100万本突破したりして、去年に引き続きJRPGが盛り上がってくれてなにより。
ブレイブリーシリーズも期待。

God of War(ゴッドオブウォー)

Platform PS4
Text 英語
Voice 英語
Launch date 2018.4.20(WW)
ゲームおすすめ度 ★★★★★
英語勉強おすすめ度 ★★★★☆





「グラフィックが綺麗なゲーム」というのはいつの時代にもあって、「これ以上のなんて出るのか?」と毎回思いつつ、進化とともにまたすごいのが出る。
・・・と知っていつつも、これが見劣りするような未来が本当に来るのか?と伺いたくなるくらいすさまじいクオリティのグラフィック。
雪の表現とか、飛び散るパーティクルとか、「これはすごい」ばっかりでクリアするまでにスクリーンショットひたすら撮りまくってしまった。

しかもこのハイクオリティな画面なのにロード画面が一切ない。暗転すらなくて、すべて1つのカメラだけで追いかけるワンショット。よくやるなあ・・・。ところどころローディング時間を稼ぐために冗長な演出になってるのかなと思ったところはあったけど、全編通して没入感高く楽しめた。
ストーリーもよかったけど、やっぱグラフィックの印象がかなり強い。

英語的には「操作しながら英語を聞く」ところにもけっこう重要なセリフがあり、そこがちょっとつらかった。
神話とかの話が多少出て来るけど、イベントシーンであれば超難しいというほとではない。息子のアトレウスはまだ子どもだし。

あと強いて欠点をあげると、PS4 Proがジェットエンジンのように音が鳴ること。
型番によっても違うのかもしれないけど、イヤホンでやるのがおすすめ。

Ni No Kuni 2 Revenant Kingdom(二ノ国2 レヴァナントキングダム)

Platform PS4
Text 英語
Voice 英語、日本語
Launch date 2018.3.21(WW)
ゲームおすすめ度 ★★★★★
英語勉強おすすめ度 ★★★★☆





海外に向けたJRPG。日本で発売するかどうかも当初は迷っていたとか。

ジブリなグラフィック、ロード少なくて快適なファストトラベル、アクション全開な戦闘、今や珍しいワールドマップ、特徴はいろいろあるけど今作は「キングダムモードがよくできてる」に尽きる。

いろんな施設をつくって自分の国を大きくする。建設のためのお金は、ゲーム内時間が過ぎると溜まっていく。施設が増えるほど税収もよくなる。増やした施設では冒険が楽になるいろんな研究ができる。研究をするには国民がいる。国民はサイドクエストをこなすと増える。
RPGのサイドクエストはおつかい的なのが多くなりがちだけど、「国民が増やせる」というモチベーションがあるから苦にならない。
ストーリーそっちのけで国の発展に力を注ぎ、ストーリーを進めないと発展できなくなったら仕方なしに進める、みたいな流れ。

昨今のペルソナ5やNierの流れに乗れたかどうかはわからないけど、このゲームならではの中毒性があって面白い。

英語の面では、テキストが多めなのはいいけど、一部のフォントが豆粒なのと、意外とボイスが少なめなのがざんねん。
極小フォントは最近のゲームでよく出てきて、あとあとのアップデートで解消されたりするけど、あれは何なんだろう?リモートプレイだとほとんど読めない。

Star Ocean: Till the End of Time(スターオーシャン3)

f:id:citro:20180121082819j:plain
f:id:citro:20180121082838j:plain
f:id:citro:20180121082853j:plain
f:id:citro:20180121082907j:plain
f:id:citro:20180121082923j:plain

Platform PS4
Text 英語
Voice 英語
Launch date 2017.5.23(NA) 2017.3.31(JP)
ゲームおすすめ度 ★★★☆☆
英語勉強おすすめ度 ★★★★★

スターオーシャン3作目のHD版。

HDとはいえ、FFXFFXIIのリマスターとは違って画面の残念感は否めない。
マップ中の全員に話しかけないとフラグが立たない系のイベント、ダンジョンでボスを倒したらいちいち歩いて戻らないといけない、ある程度まで近づかないと表示されない敵、などストレスになるポイントもいくつかある。
ストーリー自体も賛否両論。

でも、戦闘がいまやっても面白くてびっくり。
当時もハマったけど、こんな絶妙だったっけなあと。
小攻撃と大攻撃の使い分け、HP攻撃とMP攻撃、ハイリターンなボーナスバトルなどなど、よくできてて感心する。

あと、英語の勉強としてもすごくよい。
全体的に難易度低めで、固有名詞は色ついてくれるし日本版と発音も似てるのでわかりやすい。
ややこしい訛りのキャラクターもいないし、演技も嫌味がない。セリフの文字もでかでかだし。

個人的には、リフレクトストライクがSide Kick、ヴァーティカルエアレイドがAir Raidなど技名がところどころシンプルになってるのが印象的だった。
たしかにリフレクトストライクってなんだよという気はする・・・