読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語とJRPG

JRPGを中心に、日本のゲームの北米版を(英語の勉強がてら)ちまちまプレイしたメモとか関連のニュースとか。

Final Fantasy XV(ファイナルファンタジー15)

Review Final Fantasy

f:id:citro:20161201222342j:plain
f:id:citro:20161201094931j:plain
f:id:citro:20161130162449j:plain
f:id:citro:20161129183624j:plain
f:id:citro:20161202185445j:plain

Platform PS4/XB1
Text 日本語、英語(いつでも切り替え可、要リセット)
Voice 日本語、英語(いつでも切り替え可、要リセット)
Launch date 2016.11.29(WW)
ゲームおすすめ度 ★★★★★
英語勉強おすすめ度 ★★★★★

もともとはFFXIIIの派生作品として10年前に発表され、いろんな紆余曲折を経てようやく発売になった、FinalFantasy最新作。
思い入れ補正も多分にあるけれど、FFらしさ・JRPGらしさは残しつつも色んなチャレンジが入っていてすごく好感が持てた。

今回、一番大きい点はオープンワールドなところ。
広大な世界にサブクエストやモブハントが幾多にも散りばめられていて、散策にのめり込むといつまでたっても物語が進まない。
移動手段が徒歩や馬じゃなくてクルマなことも特徴的で、速い移動手段に耐えられるだけの広い世界をつくると徒歩のときにスカスカになってしまいそうだけど、ちゃんと丁寧につくってある。
仲間との会話がシチュエーションに応じて発生したり、移動中に飽きさせない工夫もあり。

戦闘がアクションベースになったのもかなりの変更点。
キングダムハーツのような感じと思ってたけど、剣を飛ばしたところにワープする「シフト」によって独自の楽しさがある。
遠くから敵に向けたシフト攻撃をスパーン!と決めたときの爽快感が最高。

あと個人的には、↓のように仲間のプロンプトが道中の写真を勝手に撮ってくれる機能、これが本当にすばらしいと思う。
かっこいい写真は思わずシェアしたくなるし、写真を見ながら仲間もコメントしたりとちゃんと物語の1つにもなってる。
これは今後出るいろんなゲームで真似してほしいなあ。

f:id:citro:20161129150547j:plain
f:id:citro:20161130085955j:plain
f:id:citro:20161129185230j:plain

英語面では世界同時リリースなこともあり、テキスト・ボイスともに言語を調整可能。
仲間との自然な会話もたっぷりあってたくさんリスニングできる。
全編英語が不安な場合は音声日本語+テキスト英語なんていう組み合わせもあり。
ただ言語設定を変えるといったんリセットされてセーブされたところからリスタートになるので、ダンジョンの最中でかちゃかちゃ切り替えはできないのがちょっと残念。

ファストトラベルによるロード頻発などいくつか気になる点もあるし減点方式なら100点になることはない作品だけど、毎回新しい要素にトライするFFらしさは存分に感じられて、本当に待っててよかった。
オープンワールド+仲間との旅要素+物語のFFぽさ=FFXV、ってかんじ。